須山建設株式会社(静岡県浜松市)|総合建設会社

ICT construction ICT施工

生産性革命プロジェクト

環境ブロックでは、国土交通省の施策である生産性革命プロジェクトのひとつ「i-Constructionの推進」を受け、平成28年(2016年)よりICT施工に取り組んでいます。

建設ICT推進室

平成29年(2017年)からは、ICT施工を外注に頼ることなく、内製化するため、
「建設ICT推進室」を組織し、技術の蓄積を図っています。

ICTの活用 現場を3次元で取得する測量

モータードライブ型 トータルステーション

トプコンGTシリーズ

リモートコントロールシステム

RTK GNSS測量器

HiPer SR

データコレクタ

レイアウトナビゲーター 望遠鏡を搭載しないTS

快速ナビ

LN-100(杭ナビ)

地上型レーザー スキャナ―

GLS2000

UAV(ドローン)

PHANTOM4RTK

INSPIRE1

PHANTOM3

産業用ドローン(UAV) マトリス300RTK

MATRICE300RTK

  • 風速15mまで耐え得る性能
  • 防水防塵性能を実現
  • 安定した電波電装と飛距離を実現
  • RTK搭載による極めて高い飛行精度
  • 最大飛行時間55分
  • 機体重量6kgで3kgまでのペイロードを積載可能
  • 6方向検知システムによる安全性の確保
MATRICE300RTK

DJI MARICE300RTKカタログより

搭載カメラ

  • 高解析度ズームカメラ(光学20倍、最大200倍望遠レンズ)
  • 広角レンズ、レーザー距離計1200m
  • 高解析度赤外線カメラ
搭載カメラ

現場を3次元で取得する測量

モータードライブ型
トータルステーション

レイアウトナビゲーター
杭ナビ+快速ナビ

地上型
レーザースキャナー

地上型レーザースキャナー

地上型レーザースキャナー
  • スキャン距離、最大350m
  • 簡単機械設置/高速スキャン/Dualカメラ
  • 1秒間に最大12万点の座標を取得
  • 360°×270°のフルドームスキャン
  • 高品質データを観測
地上型レーザースキャナー

TOPCON GLS2000カタログより

レーザースキャナーにより取得した3次元点群

レーザースキャナーにより
取得した3次元点群

ドローンが連続撮影した写真から3次元点群を構築(SfM)

3次元設計データによる半自動運転

マシンコントロール
バックホウ

マシンコントロール
ブルドーザー

マシンコントロール
モーターグレーダー

3次元設計データによる運転補助

河床(川底)掘削後のデータ

ICT建機は、作業軌跡をデータと記録することができます。
また目視できない河床(川底)をどの様に掘ったか可視でき、
データ処理することで掘った量を把握できます。

マシンガイダンスバックホウ

河床の掘削状況を可視化

マシンガイダンスバックホウ

CIMの導入

CIMを設計照査に利用すると、工事の問題を施工前に発見できます。

道路改良工事の図面を3次元化
道路改良工事の図面を3次元化
排水構造物図と土工図が不整合(構造物が宙に浮く)
排水構造物図と土工図が不整合(構造物が宙に浮く)

CIMデータを現況データと重ねると完成イメージを伝えやすい

現況データ
CIMデータを現況データと重ねる
原寸の完成イメージ
原寸の完成イメージを作成

3Dデータからヴァーチャルリアリティデータを構築

クロスカントリーコースの走行イメージ

  • 構造物の距離感
  • 起伏の様子
  • 障害物

など感覚的に伝わりやすい

construction 施工実績

SCROLL TO TOP
サイト内おすすめルートサイト内
おすすめ
ルート

表示しない