須山建設株式会社 採用サイト

ホーム > 人を知る > 社員紹介 > 設計調達ブロック 平野 暢之

設計調達ブロック 平野 暢之

設計調達ブロック設計グループ 平野 暢之 何もないところから自分が携わった建物が完成し、最終的に地図に載っているのを見たときは達成感を感じ、とてもやりがいを感じます。

INTERVIEW私が須山建設を選んだ理由

私は学生時代から設計の仕事がしたいと思っていたので、大学は建築学科を専攻しました。大学は関東でしたが、就職は自分が生まれ育った地元浜松でしたいと思っていました。就職活動をする前から、「須山建設」という名前は知っていたので詳しく調べてみると、静岡県西部を中心に、地元に根付いた企業だという事が分かりました。地域社会にも深く貢献しており、また先輩もいたので興味を持ちました。

ただ建設業界というと、『職人気質で少し話しづらい方もいるのでは』というイメージがありましたが、企業説明会の現場見学会でお話をして頂いた先輩は気さくな方で、とても好印象でした。最初に内定をいただいたということもあり、迷うことなく須山建設への入社を決めました。

career現在までのキャリア

1年目

建築・土木現場での研修期間を経て建築グループに配属。大型倉庫新築工事の現場にて工事写真の整理や場内の整理整頓を行いながら建築について学ぶ。

6年目

建築工事の現場監督として、1年目と同様の作業を行いつつ先輩のサポートや工程管理、協力業者の職人さんへの指示を行うようになる。先輩の元で知識、経験を積み、5年目に初めて1人で現場を任され、工程、納まり、コストなど、全ての管理を行うようになった。

現在

設計グループに異動。主にリワードマンションの設計の補助を行い、実施図面の作図や確認申請業務等を行う。BIMによる実施図作成に取り組む他、事務所の計画等も担当するようになった。

INTERVIEW須山建設での現在の仕事

設計グループに配属となって1年目ですが、現在は主にマンションの設計に関わっており、他にも小規模物件の確認申請業務の補助作業をしています。
マンション設計では、営業担当者がお施主様から要望を聞いて作成した計画図を元に、建築基準法やその他の法律、構造的制限の検討、詳細の納まりの確認を行いながら、より具体的に図面化していきます。まだまだ分からないことも多いので、先輩にアドバイスを頂きながら、構造・設備担当者とも連携を図り仕事を進めています。

マンションは、ある程度似たようなプランの物件を提案することが多いのですが、最近はオーナールームが入ったものなど、オリジナルプランの物件も増えています。物件ごとに条件も異なり、色々な制約の中でお客様の要望を満たすように計画をしていくので、難しいことも多いです。

図面が完成したら確認申請を経て工事着工となりますが、工事中や完成時に監理者として現場へ足を運び、図面通りに工事が進められているか確認するのも設計の仕事の一つです。

また、私は入社してから6年間施工監理の仕事をしてきたので、実際にどの様に納まるかをイメージしながら作図できるのは大きいと思います。入社した直後の自分がそうでしたが、図面が読めないことも多々あったので、現場で設計図を見て、経験を積んできたことで抵抗なく図面に向き合えているのかなとは思います。

また現場を経験しているからこそ、工事担当者の目線に立って、施工性も考えて提案をするように心掛けています。

schedule1日の仕事の流れ

7:00

起床朝ごはんを食べ、ゆっくり支度する。

9:00

出社・朝礼朝礼前に当日の作業予定の確認、届いたメールのチェック等を行う

10:00

社内打合せ(DR)工事担当、営業担当、設計担当が集まり、設計施工のマンション物件の仕様及び図面の整合性、納まり上の問題がないか等を確認する設計審査会に参加。物件によっては長時間にわたる打合せになることも…。

12:00

昼食

13:00

設計業務CADを使用して作図を行う。関連する申請を行うために市役所などへ行政協議、書類提出に行くこともある。

19:00

退社翌日すべきことを確認してから退社。

20:00

夕食・他夕ごはんを食べ、TVを見たり自由な時間を過ごす。資格取得のための勉強もしています。

0:00

就寝

INTERVIEWやりがいを感じることは?

自分が一から設計に携わった物件が間もなく竣工するのですが、自分が書いた図面をもとに建物が出来上がっていくのを見ると感慨深いです。

計画段階から工事中、竣工まで、すべてに関与していく仕事なのでとてもやりがいを感じます。完成するのが今からとても楽しみです。

INTERVIEWこれからの課題や目標

まだまだ知識や経験が不足しているので、学ぶべきことはたくさんありますが、まずは1級建築士の資格取得を目標に仕事、勉強に取り組みたいと思います。

また、今はマンションの設計が殆どですが、会社としては様々な物件の設計をしているので、一般物件も手掛けてみたいです。

メッセージ

須山建設に入社する
方へメッセージ

建設業は「地図に残る仕事」と言われますが、自分がそれに携わっていけるのが大きな魅力だと思います。当然楽しいことばかりではありませんが、大変だからといってそこであきらめるのではなく、何事にも積極的に取り組んでいくことが大切だと実感しています。

自分で手掛けた建物が完成し、実際に使われるのを見ると、苦労した分感じる達成感も格別です。

困ったときにはサポートをして下さる先輩方もいるので、安心して仕事に取り組める環境だと思います。その中で自分自身責任感を持って仕事に取り組み自分を磨き、どんどん成長していってほしいと思います。

Profile

平野 暢之 [NOBUYUKI HIRANO]
設計調達ブロック設計グループ
2010年入社

人を知る
  • 新卒採用エントリー受付中
  • キャリア採用エントリー受付中

新卒はこちら

ページの先頭へ