須山建設株式会社

須山建設株式会社

メニュー

ホーム > 土木技術・環境技術 > 土壌汚染対策

土壌汚染対策[土木技術・環境技術] - ENVIRONMENT

須山建設は、
調査から一貫したエンジニアリングを実施

トータルマネジメント須山建設は、クライアントの立場にたち、公平かつ最適な土壌・地下水汚染問題に関わる調査・計画に取り組んでいます。計画の初段階より適切なアドバイスを提供し、クライアントのパートナーとして支援いたします。(環境省指定調査機関 当社指定番号:環2005-1-14)

調査・分析

資料等調査 過去地図、航空写真、文献等の調査、 聞き取り調査
概況調査 表層土壌調査、表層土壌ガス調査
詳細調査 ボーリング調査、地下水調査

浄化の計画・対策

掘削除去工法

無害化された土壌を埋め戻す

掘削除去工法汚染された土壌を掘削・除去した後、無害化された土壌を埋め戻す工法です。この工法は大きく2種類に分けられ、掘削した汚染土譲を場内または場外で浄化して埋め戻す方法と掘削した汚染土壌は廃棄処分し、清浄な土壌を場外から持ち込んで埋め戻す方法があります。

攪拌混合工法

浄化作用を促進

掘削した汚染土壌を汚染物質に適合する添加剤を自走式土質改良機などで攪拌混合し、添加剤による浄化作用を促進させる工法です。

攪拌混合工法

ホットソイル工法
水と発熱反応する無機化合物を添加剤とし、水和反応熱を利用して土中を効率的 且つ 速やかに対象土壌から揮発・分離後、回収・処理して対象土壌を浄化する。
鉄粉工法
添加剤に鉄粉を使用し、ゼロ価の鉄による還元分解反応でVOCを無害化する。

ランドファーミング

油汚染土壌(バイオレメディエーションによるランドファーミング)

バイオレメディエーションは、土壌中の微生物を利用して、汚染物質を分解する ことにより、土壌や地下水などを良好な状態に回復させる工法である。微生物が もっとも有効に作用するためには、酸素と適正な湿度と温度などが必要となり、これらの環境を整備するためにランドファーミングがよく実施される。ランドファーミングは、汚染された土壌を掘削し、別の場所に移動して敷き広げ(高さ<約1m)、そこにバイオ製剤・栄養源・水を添加し、重機を用いて酸素を取り込みながら撹拌して浄化を行う工法。

ランドファーミング

揚水処理工法

有害物質を地上で浄化

揚水処理工法汚染地下水を揚水し、地下水に溶け込んだ有害物質を地上で浄化する方法です。汚染物質を直接除去できるほか、地下水汚染の拡大を防止する役割も果たします。

バイオレメディエーション

環境中の有害物質を分解

バイオレメディエーション微生物の持つ化学物質の分解能力を利用して環境中に放出された有害物質を分解、無害化する技術。汚染領域の上流側より微生物の栄養源を注入し、下流側にて揚水処理を行う方法です。

ページの先頭へ