須山建設株式会社

須山建設株式会社

メニュー

ホーム > 土木技術・環境技術 > コンクリート診断

コンクリート診断[土木技術・環境技術] - ENVIRONMENT

定期的な調査・診断、早めのメンテナンスで、的確な補修・改修を提案いたします。

コンクリート構造物はメンテナンスフリーと称されてきましたが、様々な原因により劣化、老朽化は目に見えないところで日々進行しています。
定期的な調査・診断、早めのメンテナンスにより、トータルのランニングコストを低減させ、コンクリート構造物の安全性の確保、耐久性の向上につながります。
須山建設はコンクリート構造物の劣化、損傷の原因を綿密な調査・診断で把握し、的確な補修・改修を提案いたします。

劣化の原因

  • 写真:鉄筋腐食によるコンクリート剥落鉄筋腐食によるコンクリート剥落
  • 写真:塩害によるひび割れ塩害によるひび割れ
  • 中性化による劣化
  • 塩害による劣化
  • アルカリ骨材反応による劣化
  • 凍害による劣化
  • 火災による劣化
  • 環境による劣化

調査・診断

外観検査

写真:ひび割れ幅調査ひび割れ幅調査

目視によりひび割れの形状、幅、発生位置を調査し、劣化原因の推定や打診ハンマー等を用いてコンクリート表面を叩き、 その反発音によって健全度を判断します。

内部調査

写真:電磁波レーダー鉄筋探査電磁波レーダー鉄筋探査

非破壊試験としてコンクリートに損傷を与えることなく、劣化状況の評価や原因を推定することもできます。 非破壊試験には、コンクリートテストハンマーを用いたコンクリート強度の推定、 電磁波レーダー鉄筋探査器を用いたコンクリート中の鉄筋の位置、深さ、径の測定等があります。

写真:電磁波レーダー鉄筋探査電磁波レーダー鉄筋探査

また、コンクリートからサンプルコアを採取して行う圧縮強度試験や、 採取したサンプルコアにフェノールフタレイン溶液を噴霧し、着色の違いにより中性化深さを判断する中性化試験、 同じくサンプルコアから塩化物量の分析、アルカリ骨材反応試験も行えます。

  • 写真:サンプルコア抜き調査サンプルコア抜き調査
  • 写真:中性化試験(サンプルコア)中性化試験(サンプルコア)

補修・改修

コンクリート構造物の調査・診断により、劣化・損傷の原因を分析し目的にあった補修・改修方法を提案します。
補修・改修の目的:耐久性の向上、安全性の確保(コンクリート塊の剥落)、美観の回復、資産価値の向上

  • 写真:剥落補修(着工前)剥落補修(着工前)
  • 写真:剥落補修(ビニロンシート張り)剥落補修(ビニロンシート張り)

ページの先頭へ